日常工房

ぼっちの日常 本とか酒とか生活とか

ビューティフル・マインドについて

面白い映画でしたし、結構自分の興味あるテーマに関わる話だったので書きます。

腐っても経済学部の学生なのです自分。
ミクロ経済学とか勉強してるとゲーム理論の話とかも出てくるわけです。
ゲーム理論で有名なのがナッシュ均衡。その名の通り、ナッシュさんが考えたものです。

ナッシュ均衡について、簡単に説明しますね(詳しくは調べるといいです、俺も曖昧なとこありますし)
AとBの2つの企業があったとして、両方が協力すれば利益は2ずつ、片方が裏切れば裏切ったほうが3裏切られたほうは1となり、両方裏切れば1ずつになる、とする。
こうなると、企業は裏切りを起こしますよね。そうなると、結果的には利益は双方1ずつになってしまいます。
お互い協力すれば2ずつの利益が得られるのにですよ。
ま、こういう効率的ではないけど安定する均衡がナッシュ均衡だと思えば大体合ってる…はずです。

で、今回見た映画は、そんな結構重要な理論を考えたナッシュさんについての話なわけです。
一応言いますけどナッシュさんまだ生きてます。80過ぎですけど。
彼の人生について語られた映画が「ビューティフル・マインド」。
大学では最初孤独でしたが、ルームメイトと友人となり、苦難を乗り越えてナッシュ均衡を考えだし、MITで教員になり、そこの学生と結婚、子供をもうける。
そんな割と順風満帆な人生のようでしたが、アメリカ政府にソ連の暗号解読を任されるようになっていき……それから、というような感じの話です。

一応ネタバレは避けたいので、ネタバレになりそうなこの後の話は続きから。
ビューティフル・マインド [DVD]ビューティフル・マインド [DVD]
(2012/09/14)
ラッセル・クロウ、エド・ハリス 他

商品詳細を見る

じゃ、ネタバレ有で書いていきますよー。
ソ連の暗号解読云々は全てナッシュの妄想なわけです。
さらに、大学のルームメイトも妄想の産物。
原因は、統合失調症という精神の病によるもの、という話みたいです。
統合失調症ってのはどうもつかみにくい感じの病気ですね。俺にはよくわかりません。
今回の話のナッシュの症状としては幻覚を見る、という感じでしょうか。
ナッシュは幻覚に苦しめられ、病院に強制連行され、病棟に入れられます。
牢屋みたいなところです。

それまでまるで現実のようであったソ連の暗号解読関係の人やルームメイトだった友人の存在が幻覚であると明かされる。
これは衝撃でした。
そして、ここ数年ほど考えてることでもあったわけです。今ここにいる自分はどこまで現実なのだろうかと。
中国の昔の話で「胡蝶の夢」というのがありますけど、あれに近い感じでしょうか。
もしかして今ここにいる自分は誰かの夢なのではないか、とか考えてしまいます。
どこまでが現実なのかがあやふやだと感じるときもあります。
皆さんはそんなことはないですか?

妻や友人の助けもあり、徐々に回復していったナッシュはラストでノーベル賞をもらいます。ナッシュ均衡によるものみたいです。
他にも色々と凄い発見をしているみたいなんですが、俺にはよくわかりません……
数学に詳しい人ならきっとその凄さが理解できるんでしょうけどね。
まあ、ナッシュ均衡一つを取ってみてもナッシュは偉大な人物であると思いますが。

とにかく、面白い映画であると思うので、良かったら見てみてください。
では。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2013/03/15 23:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

うろ

Author:うろ
ぼっちをやってる奴のブログ。
趣味は読書、クラフトビール、ウイスキー、ニコ動(特にゲーム実況)、マンガなど。

相互リンクしたい方、いらっしゃいましたら一言ください。
↓他にもなにかありましたらこちらまで。
urouro0808★yahoo.co.jp(★のところを@に変えてください)
そんな感じでよろしく。

FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

押してくれるとうれしいです